お知らせ

第6回かながわ商店街大賞(大型店部門・チェーン店部門)

2017年8月7日

◆目的 
神奈川県内の商店街との連携及び商店会加入に積極的な大型店、チェーン店を展開する本部を表彰し、広く紹介することにより、あらためてより多くの県民に商店街の役割や魅力を知っていただくとともに、他の商店街の活性化や大型店・チェーン店との連携の参考としてもらい、県内の商店街全体の活性化に寄与することを目的とするものである。

◆表彰 
(大型店部門)   大賞  大型店   1店
(チェーン店部門) 大賞  チェーン店 1本部

◆応募方法
応募書(裏面)に記入の上、郵送または持参してください。自薦及び他薦いずれも可能。
※応募書の様式はこちらから(http://shorenk.sakura.ne.jp/staisho.doc)からもダウンロードできます。
 
◆応募締切
平成29年9月22日(金)

◆審査及び表彰
審査委員会による審査を経て決定し、平成30年1月初旬に表彰式を行います。

審査基準
※次の項目について審査いたします。
 
(大型店部門)
(1)大型店で、商店街に加入し、共同で販促、集客イベント等を実施し、商店街への集客に顕著な功績があったもので、取組が単発でなく、継続性があること。(1店舗で推薦可能)
 
(チェーン店部門)
(1)複数のチェーン店で、商店街に加入し、共同で販促、集客イベント等を実施し、商店街への集客に顕著な功績があったもので、取組が単発でなく、継続性があること。(チェーン本部(地区本部)で推薦可能)
(2)本部が意欲的に加入促進を働きかけた結果、加入率が大幅に向上しているチェーン店(自社で調査した結果)であり、商連かながわが実施する商店街実態調査における直近3年間のチェーン店加入率の平均値を上回っていること。
(3)加入率が、商連かながわが実施する商店街実態調査における直近3年間のチェーン店加入率の平均値より大幅に高いチェーン店であること。
 なお、(大型店部門)①、(チェーン店部門)①については実行委員会事務局で各商店街に状況を確認するものとする。(チェーン店部門)②、③については、提出された加入状況の資料を基に、事務局で各商店街に確認するものとする。
 
用語の定義
○大型店とは
一の建物であって、その建物内の店舗面積(小売業を行うための店舗の用に供される床面積)が1,000平方メートルを超えるもの、または、売り場面積1,000平方メートルを超える店舗をいう。
 
○チェーン店とは
レギュラ-・チェ-ンの直営店及びフランチャイズ・チェ-ンの直営店・加盟店をいう。

○加入率とは
レギュラ-・チェ-ンの直営店、フランチャイズ・チェーンの直営店と加盟店が商店街に加盟している率をいう。
 
○直近3年間の商店街実態調査の大型店・チェーン店加入率の平均値
(平成25年度~27年度 3ヵ年平均)
大型店 72.9% チェーン店 76.2%

 
 
主催 かながわ商店街大賞実行委員会
神奈川県、公益社団法人商連かながわ、神奈川県商店街振興組合連合会
一般社団法人神奈川県商工会議所連合会、神奈川県商工会連合会
神奈川県中小企業団体中央会、公益財団法人神奈川産業振興センター

後援 神奈川新聞社・日本経済新聞社横浜支局・tvk(テレビ神奈川)