お店紹介
御菓子司 新若松


季節のうつろいが感じられる和菓子

季節に応じた和菓子取り揃えて、昔ながらの手作りにこだわっています。

営業時間:9:30~19:00
定休日:火曜日

お店基本情報

所在地 横浜市港北区日吉本町4-11-8
電話番号 045-561-5139
URL http://www.minamihiyoshi.jp/shop/buy/shin…
最寄駅 横浜市営グリーンライン 日吉本町(日吉本町駅より1分~5分)
加盟商店街 南日吉商店会

──お寺とのコラボ「つり鐘最中」と優しい手作りの和菓子──

 開業6年目の新駅「日吉本町」周辺の南日吉商店会の一角に、紺色の暖簾が目印の和菓子店「新若松」がある。この地で45年、変わらぬ味を守り続けている。
 「人気商品は何といっても、つり鐘最中です」と、話すのは店主の渡辺正一さん。味を引き継ぐ二代目だ。
 つり鐘の形をした「つり鐘最中」は近隣の金蔵寺の鐘にちなんで、先代と寺の住職が一緒に作り上げたもの。鐘は徳川秀忠(二代将軍)が東京浅草の誓願寺に寄進したものを譲り受けた由緒あるものなのだとか。
 小ぶりの最中の味は二種類。ゆず餡とこし餡に胡桃を刻んだものを混ぜてある。ちょうど良い甘味が特徴で、お年寄りも食べやすい大きさだ。
 最近は近隣にマンションも増え、若い母親が買いにくることも増えてきた。子供の成長を祝う「一升餅」もじわじわと人気だ。
 「添加物など使わないので日持ちしませんが、それで素材の味が活きてくるのです」と渡辺さん。丁寧に一つずつ手作りする和菓子には渡辺さんの思いも詰まっている。

「かながわ商店街新聞平成26年7月号より」

メニュー(商品)

  • 栗王

    1ヶ 215円

    先代目より続く、こし餡・白あんの種類があり、中に丸のままの栗が一粒入った焼菓子

  • つり鐘最中

    6ヶ入 510円、12ヶ入 1,020円

    地元金蔵寺の有名なつり鐘を型どった「つり鐘最中」(ゆずあん・クルミあん)

  • ごまどら焼き

    1ヶ 125円

    生地にごまを練り込んで焼いた「ごまどら焼き」 黒ごまの香ばしさが口いっぱいに広がります。

  • 一升餅

    3,500円

    お子様の健やかな成長を祝って一升餅を承っています。

メニュー

周辺マップ

PR

  • 公益社団法人商連かながわの推せん会社
  • ツアーマニュアルダウンロード
  • 商店街加入促進マニュアル
  • 商店街ツアーパネルディスカッション
  • 商店街実態調査
  • 恋カナ!プロジェクト