お店紹介
御菓子司 山形屋

本厚木からバスで20分、愛川町に近い県道沿いに店舗を構える。
数々の菓子コンクールで賞を獲得する人気店。

営業時間:6:00~18:30頃
定休日:月曜日(但し、祝日は営業) 

お店基本情報

所在地 厚木市山際422-1
電話番号 046-245-0022
URL http://wagasiya.jp/index.htm
最寄駅 小田急小田原線 本厚木
加盟商店街 依知商工親和会

──数々の菓子コンテストで入賞、支えるのは地道な努力──

 本厚木からバスで20分、愛川町に近い県道沿いに山形屋は店舗を構える。市街地から離れているが、山形屋は数々の菓子コンクールで賞を獲得する人気店だ。
 第25回全国菓子大博覧会で堂々の名誉総裁賞を獲得した「からすの卵」は、黒ゴマと栗を、竹炭を使った黒い皮で包んだ逸品だ。他にも、和菓子の垣根を越えた創作和菓子「石臼胡桃」や、メープルシュガーの「楓香(ふうか)」なども各種コンテストに入賞し、高い評価を得ている。
 法事等での大口注文も多いというが、よく売れるのは「鮎もなか」などの定番商品に、いちご大福や草餅、さくら餅など旬の生菓子だという。
 「その日のうちに食べていただく生菓子が人気ですね」と、二代目の梶沼直人さん。保存料や添加物を使わず、旬の最良の素材を選び、高価でも良いものを使う。それがお客に味の良さとして伝わり、根強いファンをつくるのだ。

 早朝6時から開店している和菓子店も珍しい。近隣のお客などからは、出かける日の朝に購入できると好評だ。
 「からすの卵」の包みは一つずつ顔を変え、家族仲良くみんなで暮らそう、というメッセージを込めたという。山形屋自身がそれを実践し、家族みんなでコツコツと努力を重ね、技術を磨き、地域の味を守り続けている。

「かながわ商店街新聞平成25年4月号より」

メニュー(商品)

  • 鮎最中

    1本 160円

    山形屋の一番人気! 厚木のお土産といったら、やっぱり「鮎最中」つぶし餡と栗を贅沢に練りこんだ白餡の二味です。

  • からすの卵

    1個 160円

    一見、真っ黒なお饅頭とネーミングの「からすの卵」で、みなさん驚かれます。お召し上がりになると、とてもおいしくてさらにビックリ!!山形屋にしかないオリ…

メニュー

周辺マップ

大きな地図で見る

PR

  • 公益社団法人商連かながわの推せん会社
  • ツアーマニュアルダウンロード
  • 商店街加入促進マニュアル
  • 恋カナ!プロジェクト
  • ラグビーワールドカップ2019