商店街に行こう!
391ビル商店会

藤沢市JR・小田急藤沢駅から歩いてO分昔、地番が391街区ということから、商店街の名前となりました。フジサワ名店ビル、ダイヤモンドビル、C-Dビルが口の字型に連結された3つのビルに75店舗で構成されています。
1Fには「ハゼの木広場」という中庭があり、憩いのスペースとして、親しまれています。

○お客に人気のお店:
湘南魚つる(鮮魚販売/毎日新鮮な海の幸を販売)
古久家(中華料理/神奈川名物サンマーメン)

商店街基本情報

所在地 藤沢市南藤沢2-1-1
電話番号 0466-23-0111
最寄駅 JR東海道本線・小田急江ノ島線・江ノ電 藤沢
加盟店舗数 -
主な行事 毎月【ハゼの木広場 ミニライブ】月末日曜日中庭にてミニライブ
8月【諏訪神社例大祭】神楽のお手伝い
12月【商店会合同事業】上旬藤沢駅南口6商店会によるイベント

オモシロ商人に会いに行こう!

 

宗 平 

浅利文夫さん

 

長崎・五島列島の鮮魚料理が自慢の居酒屋、宗平の浅利文夫さんは毎日フロアに立つ元気社長。実は料理人出身で、得意の煮魚料理で腕を振るいます。4月から始めた企画「日本酒紀行」では月代わりで各都道府県の日本酒をお客に楽しんでもらっている。ちょっとだけリチャード・ギアに似た浅利さん。仲良くなれば絶品の煮魚料理にありつけるかも。

 

古久家

小林剛輔さん

 

「名物ラーメン」で藤沢っ子に知られる古久家の三代目名物社長、小林剛輔さんは「飲む・食べるが趣味」とズバリ。県内で現在31箇所で行われている“ちょい呑みフェスティバル"は、実は小林さんが発案者。「ただの言いだしっぺです」と謙遜するも、藤沢発のイベントのノウハウを気軽に教えてくれる面白いこと大好き人間です。
最近はトースターパンという調理器具で日夜怪しい創作料理を作っては常連さんに振舞うことにハマッています。

 

コウナン青果

木村康一さん

 

4月は清見タンゴール(柑橘類)が美味しいよ、と店長の木村康一さん。お客さんに「こないだの美味しかった」と声掛けてもらえるのが何より嬉しい。店内試食も出来るので、いつかフルーツジュースも出せればと夢を語る。「美味しいのから罰ゲーム用のもね」。
最近は、子供の少年野球のコーチでも汗を流す。「教えることより、教えられることの方が多いですね」とニヤリ。

「かながわ商店街新聞平成26年4月号より」

お店紹介

もっと見る

メニュー

周辺マップ

PR

  • 動画で商店街ツアー/横浜橋通商店街編
  • ツアーマニュアルダウンロード
  • 公益社団法人商連かながわの推せん会社
  • 商店街加入促進マニュアル
  • 商店街実態調査
  • 恋カナ!プロジェクト